あんこう

すべてがうみみ、そのほとんどが深海魚しんかいぎょである。水深すいしん30m-500mの砂地すなちどろ海底かいてい生息せいそくする。
特徴とくちょう頭部とうぶおおきくはばひろいこと。からだはやわらかくひらたい。手足てあしのように変形へんけいしたヒレで海底かいてい移動いどうする。肉食にくしょくせいで、くちおおきく、発達はったつしている。

あたまには2ほんのアンテナじょう突起とっきがあり、ながほうにはかわがついている。アンコウはおよぎが下手へたなため、およぎの上手じょうずさかなまわしてもげられてしまう。そこで、海底かいていすなもぐせ、その突起とっきかわ水面すいめんらし、これをエサだとおもってってきたさかなを、丸呑まるのみにして捕食ほしょくする。さかなおそうのにてきするため、くちはややうえいている。

アンコウ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター あんこうのなかまたち

生きもの 紹介一覧