エビ

エビ
ふりがな

構造こうぞうほか甲殻こうかくるいおなじく頭部とうぶ胸部きょうぶ腹部ふくぶかれており、カニるいおなじく頭部とうぶ胸部きょうぶのすべてががい骨格こっかくおおわれている。がい骨格こっかくとは皮膚ひふがかたいからになっていることをさす。
てきおそわれたときは腹部ふくぶいきおいよくしたげ、おおきくうしろへ退いてげる動作どうさおこなう。
たまごからまれたどもはおやとはことなった体型たいけいで、幼生ようせいとよばれる。幼生ようせい水中すいちゅうただようプランクトン生活せいかつおくり、脱皮だっぴかえして変態へんたいし、ちいさなエビの姿すがたとなる。分類ぶんるいぐんによってはたまごなか変態へんたいおやとほぼおな体型たいけいまれてくるものもある。

ザリガニやロブスターなど、分類ぶんるいぐんによっては、はさみじょうになった鉗脚かんきゃくとくおおきく発達はったつし、てきたいしておおきくりかざして威嚇いかくしたり、てきをはさんで撃退げきたいすることもある。
たくさんのちいさなレンズがあつまって構成こうせいされた複眼ふくがんあいだには額角がっかくというとがったつのがあり、これの形状けいじょう種類しゅるい判別はんべつするがかりのひとつになる。エラをもち、呼吸こきゅうをおこなう。ヤドカリやカニには陸上りくじょう生活せいかつできるものもいるが、エビには乾燥かんそうした陸上りくじょう生活せいかつできる種類しゅるいはいない。ただしモエビのキノボリエビは湿しめった陸上りくじょう活動かつどうする。

エビ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター エビのなかまたち

生きもの 紹介一覧