いか

神経しんけいけい筋肉きんにくがよく発達はったつしていて、たいていの種類しゅるいよる行動こうどうする。
10ほんうであし筋肉質きんにくしつでしなやかにちぢみし、うで内側うちがわには吸盤きゅうばんならんでいる。吸盤きゅうばんにはスパイクのようないた角質かくしつがみられ、筋肉きんにく収縮しゅうしゅく利用りようするタコの吸盤きゅうばんとは構造こうぞうことなる。実際じっさいうでは8ほんで、のこりのうで2ほん吸盤きゅうばん先端せんたん集中しゅうちゅうする触腕しょくわんとよばれる構造こうぞうである。

皮膚ひふには色素しきそ細胞さいぼうがたくさんならんでおり、精神せいしん状態じょうたい周囲しゅうい環境かんきょうによって体色たいしょく自在じざい変化へんかさせる。本来ほんらい心臓しんぞうほかに、エラに血液けつえき急送きゅうそうするはたらきをになっているエラ心臓しんぞうを2つもつ。どうタンパクしつであるヘモシアニンをふくむために青色あおいろである。

ぜん世界せかいあさうみから深海しんかいまであらゆるうみ分布ぶんぷし、小魚こざかな甲殻こうかくるい主食しゅしょくとする。
てきからげるときはあたまどうあいだから海水かいすい漏斗ろうとから一気いっききだすことで高速こうそく移動いどうする。さらに体内たいない墨袋すみぶくろすみたくわえておりてきあらわれるとすみしててきをくらませる。タコと比較ひかくすると、タコすみはイカすみより脂質ししつすくなくさらさらしており、これを煙幕えんまくのようにして外敵がいてき視界しかいをさえぎることを目的もくてきとする。イカの場合ばあい粘度ねんどたかくタコすみのように拡散かくさんせずかたまりのようになる。イカすみ紡錘形ぼうすいけいにまとまるのは自分じぶんからだかたちのものをし、てきがそちらにられているうちにげるためとかんがえられている。

イカ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター いかのなかまたち

生きもの 紹介一覧

本の紹介

ときめく貝殻図鑑