うみうし

おもあさうみ海底かいてい生息せいそくし、世界中せかいじゅう分布ぶんぷしている。サイズはすうmmから20-30cm程度ていど
かたち種類しゅるいによってことなる。

いろあおあかみどり黄色きいろ、ピンクなど、あざやかな原色げんしょくけいのものから地味じみなものまで様々さまざまである。
基本きほんてきには貝殻かいがらたないが、貝殻かいがら痕跡こんせきつものもいる。しょくせいは、肉食にくしょくから草食そうしょくまで幅広はばひろい。

ウシのつのよう一対いっつい触角しょっかく頭部とうぶにもつことからウミウシという名前なまえがついたといわれる。
海牛うみうし」と漢字かんじかれた場合ばあいは「かいぎゅう」とみ、ジュゴンやマナティーなど海牛かいぎゅうもくかいせい哺乳類ほにゅうるいす。

ウミウシ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター うみうしのなかまたち

生きもの 紹介一覧