ナマズ

ナマズのなかまはひらたくつぶれたおおきな頭部とうぶ幅広はばひろくち、そして感覚かんかく器官きかんとして発達はったつしたながくちヒゲが特徴とくちょう
食用しょくようぎょあるいは観賞かんしょうぎょとして世界せかいおおくの地域ちいき利用りようされている。スズキ・コイのなかまにいで3番目ばんめおおきな一群いちぐんとなっている。
淡水魚たんすいぎょがほとんどで一部いちぶ海水かいすいぎょふくまれるが、そのおおくは汽水域きすいいき、ときには淡水たんすい進出しんしゅつする。

くちヒゲにはものあじかんじるちいさな器官きかん(らい)などの感覚かんかく器官きかん発達はったつしている。
くちヒゲを活発かっぱつうごかして周囲しゅういさぐりながら移動いどうして、えささがすときにはヒゲを最大限さいだいげん活用かつようしている。
夜間やかん活動かつどうするものや、視界しかい不良ふりょうにごった水域すいいき種類しゅるいでは退化たいかてきちいさいことがおおく、くちヒゲに依存いぞんする度合どあいがおおきい。

空気くうき呼吸こきゅうのための特殊とくしゅ器官きかんじょうさい器官きかん)をもち、みずそとでもある程度ていど生存せいぞん可能かのう種類しゅるいもいる。
からだ表面ひょうめんにはうろこがなく、一般的いっぱんてきなめらかである。からだ粘液ねんえきおおわれぬるぬるしていることがおおい。

ナマズ目
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター ナマズのなかまたち

生きもの 紹介一覧

本の紹介

美しい海の魚