ハリセンボン

ハリセンボンさかなぜん世界せかい熱帯ねったいから温帯おんたいひろ分布ぶんぷし、6ぞく20種類しゅるいほどがられている。
全長ぜんちょうは15cmほどのものから70cmをえるものまで種類しゅるいによってことなる。

はらびれがないこと、あご癒合ゆごうしていること、皮膚ひふあついこと、てきおそわれるとみず空気くうき吸い込すいこんでからだおおきくふくらませること、肉食にくしょくせいであることなど、フグ共通きょうつうした特徴とくちょうおおっている。
ただし、フグ上下じょうげ2つずつ、合計ごうけい4つになっているのに対し、ハリセンボン上下じょうげ1つずつ、合計ごうけい2つである。

もっともわかりやすい特徴とくちょう体表たいひょううろこ変化へんかしたたくさんのするどとげがあること。
はりせんぼん」という和名わめいも”Porcupinefish”(ヤマアラシ)という英名えいめいもここに由来ゆらいする。なお、実際じっさいとげかずせんほんあるわけではない。
過去かこ調査ちょうされいによるとやくせんのハリセンボンのはりかず平均へいきんは369ほんであった。

このとげ普段ふだんているが、からだふくらませたさいには直立ちょくりつし、てきからまもると同時どうじ自分じぶんからだおおきくせるのに役立やくだつ。
あさうみ岩礁がんしょう、サンゴしょう砂底さてい生息せいそくする。ほかのフグもくさかな同様どうようむなびれ、しりびれ、びれをパタパタとばたかせながらゆっくりとおよぐ。
しょくせい肉食にくしょくせいで、貝類かいるい甲殻こうかくるい、ウニなど様々さまざま底生ていせい生物せいぶつ(ベントス)を捕食ほしょくする。丈夫じょうぶ貝殻かいがら甲羅こうら、ウニのからなども噛み砕かみくだいてべてしまう。

本来ほんらい熱帯ねったいせいさかなだが暖流だんりゅうって北上ほくじょうし、水温すいおん低下ていかする冬季とうき海岸かいがん大量たいりょう漂着ひょうちゃくすることがある。これらの漂着ひょうちゃく個体こたい水温すいおんひくすぎるため繁殖はんしょくできずにんでしまう。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター ハリセンボンのなかまたち

coming soon
生きもの 紹介一覧

本の紹介

ときめく貝殻図鑑