シャコ

シャコるい頭部とうぶ胸部きょうぶ腹部ふくぶ構造こうぞうかれる甲殻こうかくるい分類ぶんるいじょうエビるいやカニるいなどとおな軟甲綱なんこうこうぞくしている。

からだは、頭部とうぶ胸部きょうぶ前方ぜんぽう4せつ皮膚ひふがかたいからのようになっている外骨格がいこっかくおおう。外骨格がいこっかくおおわれた部分ぶぶん背甲はいこうという。エビ・カニのようなはさみたず、最後尾さいこうびそなわるのような尾節びせつするどいトゲのある尾扇びせんばれる構造こうぞうになっている。

体長たいちょうは12~15cm前後ぜんご全長ぜんちょう20cmにたっすることもある。
体型たいけい細長ほそながつつじょう腹部ふくぶはややひらべったい。頭部とうぶから胸部きょうぶはややちいさく、腹部ふくぶほうおおきく発達はったつする。頭部とうぶ先端せんたんには二対につい触角しょっかくと、たくさんのちいさなレンズがあつまって構成こうせいされた複眼ふくがんがとても発達はったつ突き出つきだしている。

内湾ないわん内海うちうみどろすなじりの海底かいてい生息せいそくし、海底かいていすなどろにU字形じがたあなって生活せいかつする。肉食にくしょくせいで、甲殻こうかくるい魚類ぎょるい、イソメ、ゴカイなどの多毛たもうるい貝類かいるいなどを強大きょうだい捕脚ほきゃくもち捕食ほしょくする。この捕脚ほきゃくによる攻撃こうげき打撃だげきともな強力きょうりょくなもので、カニの甲羅こうら貝殻かいがらたたって捕食ほしょくするほか、天敵てんてきからの防御ぼうぎょ威嚇いかくにももちいられる。

飼育しいくにおいても捕脚ほきゃく打撃だげき水槽すいそうのガラスにヒビがはいることがある。このような特性とくせいから、りや水揚みずあげされたもの不用意ふよういさわると大怪我おおけがをするので十分じゅうぶん注意ちゅうい必要ひつようである。

シャコ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター シャコのなかまたち

生きもの 紹介一覧

本の紹介

ときめく貝殻図鑑