コオリウオ

南極なんきょくかい周辺しゅうへん海域かいいき分布ぶんぷする。くちまえ突き出つきだすことができない。口先くちさきながび、たてにつぶれてヘラのようになっている。
背鰭せびれは2つで、だい1背鰭せびれ棘条きょくじょうのみ。腹鰭はらびれ幅広はばひろく、際立きわだっておおきい。

南極なんきょくかいとその周囲しゅうい寒冷かんれい海域かいいき分布ぶんぷし、底生ていせい生活せいかつ適応てきおう浮き袋うきぶくろをもたないが、一部いちぶ種類しゅるい浮力ふりょく手段しゅだんにつけ、中層ちゅうそう遊泳ゆうえいして生活せいかつする。
さかな血液けつえき無色むしょく透明とうめい

てい水温すいおんへの適応てきおういちじるしいグループである。ほぼすべての種類しゅるい赤血球せっけっきゅういており、血液けつえき無色むしょく透明とうめいとなっている。血液けつえきにはとうタンパクしつ多量たりょうふくまれており、凝固ぎょうこてんげる不凍液ふとうえき役割やくわりたしている。
筋肉きんにくちゅうのミオグロビンもない。酸素さんそ取り込とりこみは通常つうじょうよりも多量たりょう血液けつえき血管けっかんふとく、心臓しんぞう肥大ひだいしている)と皮膚ひふ呼吸こきゅうによってまかなわれており、ぎゃく酸素さんそ豊富ほうふ極低温きょくていおん海水かいすい以外いがいでは生存せいぞんできないとかんがえられている。

ミオグロビンとは…筋肉きんにくちゅうにあって酸素さんそ分子ぶんし代謝たいしゃ必要ひつようときまで貯蔵ちょぞうする色素しきそタンパク質である。
クジラ、アザラシ、イルカなど水中すいちゅうもぐ哺乳類ほにゅうるい大量たいりょう酸素さんそ貯蔵ちょぞうしなければならないため、これらの筋肉きんにくにはとく豊富ほうふふくまれている。
一般いっぱん動物どうぶつ筋肉きんにくあかいのはこのタンパク質に由来ゆらいする。

ノトテニア亜目/コオリウオ科
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キャラクター コオリウオのなかまたち

coming soon
生きもの 紹介一覧

本の紹介

ときめく貝殻図鑑