マツカサウオ「マッツー」

マツカサウオ イラスト
  • マツカサウオ科
  • 大きさ(サイズ): 6cm

マツカサウオってどんな生きもの?

ウロコはヨロイのように硬く、別名「ヨロイウオ」と呼ばることもあるよ!
(「ヨロイウオ」というお魚は、ヘコアユ科にも存在するのでここでは「マツカサウオ」でご紹介!)
カラダの模様が松ぼっくり(松笠)に似ていることが、名前の由来だよ。

アゴに発光バクテリアが共生していて、弱い光だけど赤く発光するんだ◎
発光魚として知られたキッカケは、なんと水族館が停電になった時に偶然見つけられたんだよ。笑
夜行性で、夜になるとエサを求めて動き出すよ♡

動画掲載について

「マッツー」の性格(せいかく)

じっかで やきにくやを いとなんでいる。
りょうしんに めいじられ どこぞかで たべられる マツサカウシ という ぜっぴんの おにくを さがすたびを している。

ほんにんてきには ヨロイを きた りっぱな ゆうしゃの つもりでいる。
だが からだの あみめもようは やきにくの あみではないかと じもとでは ウワサされている。 

会えるところ水族館ごとで、他の仲間も探せるよ!

※Web情報を参考のため、現在は展示してない可能性もあります。

他のキャラクターも見る

海の仲間たち

  1. フエヤッコダイ「フエさん」

  2. ユウレイオニアンコウ「ドロンパ」

  3. ユメナマコ「夢なま子」

  4. ヒョウモンオトメエイ「ヒョーイ」

  5. ヒバシヨウジ「ヒバ氏」

仲間に会える水族館